近藤晃央の年収が2,000万円超え!?収入源の数が多すぎると話題に?

シンガーソングライター・近藤晃央の年収に注目が集まっています。

元SKE48の松井玲奈さんとの結婚で注目されている近藤晃央さんですが、一体いくらくらい稼げているのでしょうか?

今回はシンガーソングライター近藤晃央さんの年収、収入源についてまとめていきます。

>>近藤晃央と米津玄師が似てる!?Lemonをパクった疑惑の真相とは?

目次

近藤晃央の簡単なプロフィール

近藤晃央は、1986年8月6日生まれの日本のシンガーソングライター。

  • 身長:186cm
  • 出身:愛知県刈谷市
  • 所属:KISSUI

2009年にインディーズデビューし、2012年にデフスターレコーズからメジャーデビュー。

作詞・作曲・編曲・弦編曲・アートワーク・ミックス・映像・ウェブ制作・舞台制作などを自ら手掛けるマルチなクリエイターです。

代表曲には「テテ」「ゆえん」「声」「メニメ」「春風」「花束」などがあります。

名曲「テテ」

2021年にユニバーサルミュージックに移籍し、2022年には自主レーベル「KISSUI」を立ち上げました。

なんと自分自身でレーベルを立ち上げて、今は独立をしているんです。

歌手としてだけではなく、全てにおいてプロデュースができる多彩な才能を発揮しているクリエイターですね。

近藤晃央の年収はいくら?

大活躍中の近藤晃央さんの年収はどれくらいなのでしょうか。

正式な発表はありませんが年収2,000万円ていどだと考えられます

理由は2013年ナカイの窓で公開されたミュージシャンの年収基準です。

2013年5月4日放送のテレビ番組「ナカイの窓」ではミュージシャン・文化人の年収は2575万円だと公開されました。

しかし、これはかなり有名な人物に該当します。

近藤晃央さんは2022年リリースした3rdアルバム「VISCO」はオリコンデイリーで13位に入る人気のアーティストです。

さすがに2575万円は到達していないにしろ、年収2,000万円くらいはあると予想はできます。

ちなみに以前所属していたユニバーサルミュージックの歌手の平均年収は、約763万円です。

人気のアーティストということで、平均より多くもらっていたと考えられますね。

ちなみに、同じくメジャーデビュー10年目の米津玄師で2億円ということを考えると、ミュージシャンの格差はすごいですね。

近藤晃央の収入源は何?

ミュージシャンの収入源は多岐にわたります。

  • シングル売上枚数
  • アルバム売上枚数
  • ライブ動員数
  • タイアップ数
  • 協賛数
  • グッズ売上
  • 印税
  • スポンサー料
  • 演技料
  • 司会料
  • 審査員料
  • 講演料
  • 著書出版料
  • その他

所属するレーベルに応じて手数料の引かれる値が異なるので、一概にいえませんが、近藤晃央さんは複数の収入源を持っていると考えられますね。

1
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

富山県出身のおさむと申します。

7年間WEBライティングのお仕事をさせていただき、エンタメ情報にも非常に興味があるため本ブログを運営しております。

より正確に、より早く情報を届けていき、みなさんを楽しませるようなブログ運営を目指します。

コメント

コメントする

目次