iPhoneは本当に折りたたみ式になるのか?デマである7つの理由とは

スポンサーリンク

何を求めて検索しているのか?

前提の共有

iPhoneが折りたたみ式になると言われている噂のソース。

スポンサーリンク

iPhone折りたたみ式説がデマである7つの理由とは?【本題】

理由1:デザインと品質を維持できないから

Appleはデザインと品質を大事にしてきたが、つなぎ目のシーム部が特有の難しさがあるため不可能なのでは?という声もある。

理由2:折りたたみ式だと値段が高騰する可能性があるから

iPhoneの折りたたみ式がデマと言われる理由に値段の高騰があります。

価格が高すぎて、一般庶民には売れないからデマということですね。(主張)

実際にiPhoneの折りたたみ式の値段は公表されていません

ですが、サムソンのGalaxy Z Foldシリーズは折り畳めるOLEDディスプレイを採用しており、Galaxy Z Fold2の値段は1,999ドル。

日本円で約21万円にもなります。

今までの傾向から見て、GalaxyよりもiPhoneのほうが値段が高い印象があるので、Galaxyよりも値段が高い可能性がありますね。

さらに、Bloombergのマーク・ガーマン記者の調べによれば・・・

折りたたみ式iPhoneの販売価格は2,000ドル(約27万円)台になるかもしれないとして、日本円で30万円に近い価格になる

https://iphone-mania.jp/news-478574/

2022年調べで、折りたたみ式のiPhoneは日本円にして30万円になる可能性があると言われています。

2023年9月にリリースiPhone15は124,800円だったこともあり、従来のiPhoneの価格の2.5倍になる計算になります。

民衆的にも値下げが期待されているようですね。

以上が、iPhone折りたたみ式がリリースがデマではないかと言われる理由「値段の高騰」でした。(結論)

理由3:iPhoneの折りたたみ式が「いらない」と言われているから

Twitterで言われている

→本当なのか?

理由4:耐久性の問題がある

折りたたみ式のスマホはつなぎ目がディスプレイになるので、耐久性に問題がある

Appleの特許は、特にスマートフォン用の新しい保護カバー層構造に関するもので、より具体的には、ひび割れに強く折り畳むことができるフレキシブルディスプレイ用の新しい保護カバー層構造に関するものである。

技術的に間に合わない。

理由5:スマホが重たくなる可能性があるから

100gほど重たくなる可能性がある。(どこのソースなの?)

理由6:Appleにとって折りたたみ式は優先度が低いから

折りたたみiPhoneの優先度が低い。

>>https://www.idropnews.com/rumors/foldable-iphone-looking-less-likely-apple-may-focus-on-redesigned-se/172985/

Apple は折り畳み式 iPhone のテストを行っているが、この件に詳しい関係者によると、「16 か月以内に再設計が迫り、楽しい特別版 iPhone として iPhone SE を使い続けたいと考えています。」

: 2021 年 11 月 8 日

とはいえ、当時よりも3年も経っているので参考にはなりづらいかも。

理由7:従来よりも部品が増えて、不具合が多くなるから

従来よりも部品が増えて、不具合が多くなる。

折りたたみになるとどんなメリットがあるのか? 【補足】

もし、販売されるならいつ頃?【補足】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました